教材カテゴリ

鳴き声仲間探し

イルカ

公開日:2017.01.27

この学習の概要

学習の目的

人間の暮らしは、五感のうちでも多くの部分を視覚にたよって暮らしています。しかし、自然界には視覚よりも他の感覚をより多く用いて行動をしている生物がいます。あえて視覚を閉じて行動ことにより、視覚に頼らずに暮らす生物がいることを知ります。そして、人間もまた視覚以外の感覚を利用して暮らしていることを体験から学びます。

活動(アクティビティ)の概要

5種類の鳴き声が書かれたカードを用い、目隠しをして同じ鳴き声のカードを持っている人を探し出します。

小・中学校教科との連動

中学校 理科(第1分野)(1)身近な物理現象

小・中学校 総合的な学習の時間

 

詳細はPDFをダウンロードしてご覧ください。

この教材を使う指導者の方へ

指導のポイント

  • 何種類の鳴き声カードを使うかは、参加者に人数によって変えます。
  • 目隠しがカードを持ったままでもすぐにできるように、事前にバンダナなどを頭に巻いておくとスムーズに行えます。
  • 顔見知りのグループで行う場合は、目隠しを外す前に参加者のひとりに「鳴き声」を出してもらい、声を出した人をみんなで当て、声だけで人が識別できることを体験します。

使用する教材

鳴き声カード

鳴き声カード

資料:「イルカのひみつ兵器(超音波)」(偕成社『クジラとイルカ 海も地球も大研究』より)

資料:「イルカのひみつ兵器(超音波)」(偕成社『クジラとイルカ 海も地球も大研究』より)

事前の準備

事前の準備

  • 上記「使用する教材」よりダウンロードした鳴き声カード(切り分けてお使いください)
  • 資料:「イルカのひみつ兵器(超音波)」
  • 目隠し用バンダナ(参加人数分)

実施のしかた

1.数種類の動物の鳴き声が書かれたカードを混ぜ合わせ、参加者に1枚ずつ配ります。

1.数種類の動物の鳴き声が書かれたカードを混ぜ合わせ、参加者に1枚ずつ配ります。

2.目隠しをして、指導者の合図でカードの書かれた声だけを出して、同じ声の仲間を探して集まります。

2.目隠しをして、指導者の合図でカードの書かれた声だけを出して、同じ声の仲間を探して集まります。

3.目隠しをとって、グループごとに一斉に声を出し、違う鳴き声の人がいないかを確認します。

3.目隠しをとって、グループごとに一斉に声を出し、違う鳴き声の人がいないかを確認します。

4.鳴き声の主(生物)を紹介し、聴覚以外でもコミュニケーションが可能なこと、聴覚を利用して暮らす生物の説明をします。

4.鳴き声の主(生物)を紹介し、聴覚以外でもコミュニケーションが可能なこと、聴覚を利用して暮らす生物の説明をします。

関連資料

【ファクトシート】イルカ・クジラⅣ 音の世界で生きるイルカ・クジラ

下のボタンからダウンロードしてください。

イルカ・クジラⅣ 音の世界で生きるイルカ・クジラ

原案者:サウンドオフ

ファクトシート監修:山田 格(国立科学博物館名誉研究員) 生態・行動部分>篠原正典(帝京科学大学生命環境学部自然環境学科准教授), イルカの音声提供:篠原正典(帝京科学大学生命環境学部自然環境学科准教授)

他の教材へのリンク