教材カテゴリ

イルカを知ろう!

イルカ

公開日:2017.01.27

この学習の概要

学習の目的

水族館や映像で子どもたちにも馴染みが深い海の生物「イルカ・クジラ」の野生での生活を知ることにより、人間の社会や常識とは異なる自然界の規律に従い、海のなかにも社会をもって暮らす生物がいることを知ります。また、陸上にあがり再び海に戻った「海洋ほ乳類の進化の歴史」を知ることにより、生物の進化と環境適応についての興味を誘います。

活動(アクティビティ)の概要

「イルカの仲間は何?」「イルカはどうやって眠るのか?」などの3択(一部2択)クイズで、楽しみながら鯨類や海洋生物の生態や進化を学びます。

小・中学校教科との連動

中学校 理科(第2分野)(3)動物の生活と生物の変遷
小・中学校 総合的な学習の時間

 

詳細はPDFをダウンロードしてご覧ください。

この教材を使う指導者の方へ

指導のポイント

  • 正解を発表する前に、「どうしてその答えを選んだのか」を聞き、考える時の視点や発想を共有・評価します。
  • 出題の正解だけにこだわらず、さまざまな視点で考えたときのものの見方、環境と生物の行動の関わりなどへ、参加者の興味を広げます。

使用する教材

回答が描かれたフリップボード

回答が描かれたフリップボード

資料:「クジラ・イルカが出現するまで」1(偕成社『クジラとイルカ 海も地球も大研究』より)

資料:「クジラ・イルカが出現するまで」1(偕成社『クジラとイルカ 海も地球も大研究』より)

資料:「クジラ・イルカが出現するまで」2(偕成社『クジラとイルカ 海も地球も大研究』より)

資料:「クジラ・イルカが出現するまで」2(偕成社『クジラとイルカ 海も地球も大研究』より)

事前の準備

事前の準備

  • 上記の「使用する教材」よりダウンロードしたフリップボードを印刷します。
  • 番号ごとに結束リング等で束ねておくとよいでしょう。写真の教材は出力後ラミネート加工をしています。
  • 3冊のスケッチブックに貼り付けて使用しても管理がしやすいです。

実施のしかた

1.回答の描かれたフリップボードを持った3人のスタッフが別れて立ちます。

1.回答の描かれたフリップボードを持った3人のスタッフが別れて立ちます。

2.指導者が最初の質問を出し、参加者が正解だと思う場所に移動します。

2.指導者が最初の質問を出し、参加者が正解だと思う場所に移動します。

3.それぞれの回答を選んだ参加者に、その理由をインタビューします。

3.それぞれの回答を選んだ参加者に、その理由をインタビューします。

4.指導者が正解を発表。解説を行います。正解以外の回答も視点を変えれば間違っていないことを伝え、それぞれの理由を説明します。

4.指導者が正解を発表。解説を行います。正解以外の回答も視点を変えれば間違っていないことを伝え、それぞれの理由を説明します。

関連資料

【ファクトシート】イルカ・クジラⅡ 世界中に暮らすイルカ・クジラ

画像をクリックしてダウンロードしてください。

イルカ・クジラⅡ 世界中に暮らすイルカ・クジラ

【ファクトシート】イルカ・クジラⅤ イルカの先祖は陸上哺乳類

下のボタンからダウンロードしてください。

イルカ・クジラⅤ イルカの先祖は陸上哺乳類

アクティビティ開発:特定非営利活動法人 海の環境教育NPO bridge

イラスト:所 真也

ファクトシート監修:山田 格(国立科学博物館名誉研究員) 生態・行動部分>篠原正典(帝京科学大学生命環境学部自然環境学科准教授)

他の教材へのリンク