教材カテゴリ

サンゴクイズ

サンゴ

公開日:2017.01.27

この学習の概要

学習の目的

知っているようでよく知らない「サンゴ」。昨今はサンゴ礁の白化現象が問題になっていますが、それは“自然のサイクル”だけとはいえず、人間社会の影響も少なからず考えられます。サンゴ学習の導入として、楽しみながら、サンゴやサンゴ礁についての基本的な知識を学び、サンゴが暮らす海の環境への興味・関心を育みます。

活動(アクティビティ)の概要

「サンゴは生きもの?石?」「サンゴは動物?植物?」「サンゴは歩く?動かない?」などのクイズを楽しみながら、サンゴという生物やサンゴ礁の環境を学びます。

小・中学校教科との連動

小学校3年 理科 B生命・地球 (2)身近な自然の観察

小学校6年 理科 B生命・地球 (3)生物と環境

中学校 理科(第2分野)(3)動物の生活と生物の変遷

中学校 理科(第2分野)(7)自然と人間

小・中学校総合的な学習の時間

 

詳細はPDFをダウンロードしてご覧ください。

この教材を使う指導者の方へ

指導のポイント

  • 正解を発表する前に、「どうしてその答えを選んだのか」を聞き、考える時の視点や発想を共有・評価します。
  • クイズで参加者が興味をもった後に、関連資料「サンゴ15」などを用いて、サンゴの基礎知識を伝えます。

使用する教材

フリップボード「サンゴクイズ」※フリップボードの大きなデータは【関連教材】からダウンロードできます。

フリップボード「サンゴクイズ」※フリップボードの大きなデータは【関連教材】からダウンロードできます。

フリップボード「サンゴクイズ」

フリップボード「サンゴクイズ」

フリップボード「サンゴクイズ」

フリップボード「サンゴクイズ」

フリップボード「サンゴクイズ」

フリップボード「サンゴクイズ」

事前の準備

事前の準備

  • 下段の「関連資料」からダウンロードしたフリップボード(「サンゴクイズQ1-4」と「サンゴクイズQ5-8」)
  • 青・赤の紙 各1枚

実施のしかた

1.参加者が二択クイズの答え(赤・青)に分かれられるように、中央に線を引くなど、赤・青の移動場所を決めておきましょう。                

1.参加者が二択クイズの答え(赤・青)に分かれられるように、中央に線を引くなど、赤・青の移動場所を決めておきましょう。                

2.フリップボードを参加者に見せながら問題を読み上げます。参加者はそれぞれに正しいと思う答えの方(赤か青)に移動します。        

2.フリップボードを参加者に見せながら問題を読み上げます。参加者はそれぞれに正しいと思う答えの方(赤か青)に移動します。        

3.それぞれの回答を選んだ参加者に、その理由をインタビューします。間違った答えでもすぐに否定せず、考え方を評価します。

3.それぞれの回答を選んだ参加者に、その理由をインタビューします。間違った答えでもすぐに否定せず、考え方を評価します。

4.参加者に正解を伝え、解説をします。同じように、次つぎとクイズを行い、サンゴの基礎知識を伝えていきます。

4.参加者に正解を伝え、解説をします。同じように、次つぎとクイズを行い、サンゴの基礎知識を伝えていきます。

関連資料

【ファクトシート】サンゴⅠ 多彩なサンゴは、生きている!

画像をクリックしてダウンロードしてください。

サンゴⅠ 多彩なサンゴは、生きている!

【ファクトシート】サンゴⅡ サンゴ礁に迫る危機

下のボタンからダウンロードしてください。

サンゴⅡ サンゴ礁に迫る危機

サンゴクイズQ1-4

サンゴクイズQ5-8

サンゴの基礎知識「サンゴ15 」

サンゴの基礎知識を15枚のスライドに凝縮!
サンゴの基礎知識を伝えるパワーポイント教材です。
サンゴ礁の研究者が企画制作し、海辺の環境教育フォーラムに提案されました。
ガイドラインをよくお読みの上、ご了解の上ご利用下さい。
ダウンロードはタイトルのクリック、もしくはダウンロードボタンを押してください。 
(企画・制作:藤田喜久, 浪崎直子,中村崇,中野義勝)

アクティビティ開発:エコツアーふくみみ

イラスト:笠原利香

初出掲載(参考資料):はじめようサンゴの島の環境学習『1・2・サンゴ!』」/制作:自然教育研究センター(2006年)/発行:環境省国際サンゴ礁研究 モニタリングセンター

他の教材へのリンク