教材カテゴリ

サンゴぬり絵

ぬり絵をしながら、サンゴ礁の生態系を学ぶ

サンゴ

公開日:2018.01.31

学べること

  • 「共生」や「適応」などのテーマをもつ「ぬり絵」を完成させる過程で、サンゴ礁の生態系や生きものの特徴について学びます。
  • 図鑑やインターネットでぬり絵をする生きものを探すことで、調べ学習につなげることができます。
  • サンゴ礁の海で暮らす生物の色や模様が多種多様であることに気づきます。

教材作成者・原案者から一言

教材作成者・原案者から一言

サンゴ礁の海は多様性で満ちあふれています。この一見複雑な生態系をわかりやすくするために、「ぬり絵」という身近なアイテムを使ってみました。自由に色をぬるのではなく、それぞれの絵に対応した解説に沿って色付けをしていきます。段階的に絵を仕上げていくことで、より多くの気づきが生まれるしかけになっています。幅広い年齢の子どもたちが興味を示す「ぬり絵」の教材を、フィールドの事前事後学習などに取り入れてほしいと思います。

<エコツアーふくみみ 大堀則子>

活動の概要

サンゴ礁に生息する生き物の生態やサンゴ礁生態系をテーマにしたぬり絵(5種類)を解説シートに沿って色付けします。生物の色は図鑑やインターネットで調べます。各ぬり絵は2段階で完成。段階的に塗り進めることで、様々な気づきが得られるように工夫されています。低学年から高学年まで、サンゴ礁学習の導入やまとめとして使用することができます。

小中学校「学習指導要領」との対応

小学校1/2年       図画工作              A 表現

小学校3/4年       図画工作              A 表現

小学校5/6年       図画工作              A 表現

小学校1/2年       国語       C 読むこと

小学校3/4年       国語       C 読むこと

小学校5/6年       国語       C 読むこと

小学校3年          理科       B 生命・地球 (2) 身近な自然の観察

小学校6年          理科       B 生命・地球 (3) 生物と環境

中学校   理科(第2分野)             (3) 動物の生活と生物の変遷

中学校   理科(第2分野)             (7) 自然と人間

小・中学校          総合的な学習の時間

※詳細はダウンロードしてご覧ください。

 

使用する教材

ぬり絵シート「海のなかよし」

ぬり絵シート「海のなかよし」

ぬり絵シート「かくれんぼ」

ぬり絵シート「かくれんぼ」

ぬり絵シート「サンゴだいすき」

ぬり絵シート「サンゴだいすき」

ぬり絵シート「ひるの海」

ぬり絵シート「ひるの海」

ぬり絵シート「よるの海」

ぬり絵シート「よるの海」

それぞれの解説資料

それぞれの解説資料

指導者用ファクトシート

<サンゴⅠ 多彩なサンゴは、生きている!>

指導者が持っていたい知識をまとめた読み物です。高校生以上の生徒や学生、社会人を対象にしたプログラムでは配布教材としても利用できます。下のボタンからダウンロードしてください。

<サンゴⅠ 多彩なサンゴは、生きている!>

<海のいきものⅢ 海のいきものたちの、多様なつながり>

下のボタンからダウンロードしてください。

<海のいきものⅢ 海のいきものたちの、多様なつながり>

事前の準備

事前の準備

  • ぬり絵シート…「使用する教材」からダウンロードします。
  • 解説資料…「使用する教材」からダウンロードします。
  • 色鉛筆…ぬり絵をするために使います。
  • 図鑑…生きものの色を調べるときに使います。魚類・甲殻類・サンゴ礁の生きもの等、多様な図鑑を用意しましょう。
  • パソコン、タブレット…生きものの色を調べるときに使います。

実施のしかた

1.色を図鑑で調べながら、解説資料の説明にそって「ぬり絵シート」に色をぬっていきます。

1.色を図鑑で調べながら、解説資料の説明にそって「ぬり絵シート」に色をぬっていきます。

2.一段階目の色付けが終わったら一休み。

2.一段階目の色付けが終わったら一休み。

3.二段階目の色付けをして、ぬり絵を完成させます。

3.二段階目の色付けをして、ぬり絵を完成させます。

4.完成したぬり絵を見せ合い、気づいたことや感想を話しましょう。

4.完成したぬり絵を見せ合い、気づいたことや感想を話しましょう。

●詳しい「実施のしかた」(PDF)は右のダウンロードボタンよりご覧ください。※画像はイメージです

●詳しい「実施のしかた」(PDF)は右のダウンロードボタンよりご覧ください。※画像はイメージです

指導のポイント

  • ぬり絵は5種類あります。それぞれテーマが異なるので、子どもたちの興味や授業内容にあったものを選んでください。
  • 生物の色を調べられるように、図鑑の使い方やパソコンの検索の仕方を、事前に伝えておきましょう。
  • 図鑑選びは、生物の種類によって掲載されている本が異なるので、対象生物が載っていることの事前に確認しておきましょう。
  • 色をぬる生物の名前は忘れないように、黒板などに書き出しておきましょう。
  • 生物を調べる作業は時間がかかります。1枚の絵を2〜3名で協力してぬってもいいでしょう。
  • 海の生きものの写真はストロボを使って撮ることが多いため、実際に目で見たときの色と異なることがあります。写真の色にこだわりすぎないように声掛けをしましょう。

関連資料

サンゴの基礎知識「サンゴ15 」

サンゴの基礎知識を15枚のスライドに凝縮!
サンゴの基礎知識を伝えるパワーポイント教材です。
サンゴ礁の研究者が企画制作し、海辺の環境教育フォーラムに提案されました。
ガイドラインをよくお読みの上、ご了解の上ご利用下さい。
ダウンロードはタイトルのクリック、もしくはダウンロードボタンを押してください。 
(企画・制作:藤田喜久, 浪崎直子,中村崇,中野義勝)

教材原案・指導:古瀬浩史(帝京科学大学アニマルサイエンス学科)

教材作成:大堀則子(エコツアーふくみみ)

ファクトシート監修:大堀則子(エコツアーふくみみ)

イラスト:笠原利香

他の教材へのリンク