教材カテゴリ

餌の餌の餌は何?

海の生きもの

公開日:2017.01.27

この学習の概要

学習の目的

海の生きものは“食べる-食べられる”の関係でつながっていることを学びます。そして、植物プランクトン・動物プランクトンの存在を知り、海の生きものも陸上の生きものと同じく、植物のつくるエネルギーを得て暮らし、植物に支えられていることを知ります。さらに、海の生物ではない人間もそのつながりのなか(頂点)にあり、自分自身の命も多くの海の生物に支えられていることを学びます。

活動(アクティビティ)の概要

海に関わる生きものとその餌となる生きものが描かれたカードを使い、同じグループを探して集まることにより、食物連鎖を楽しく学びます。

小・中学校教科との連動

小学校3年 理科 B生命・地球(2)身近な自然の観察

小学校5年 理科 B生命・地球(2)動物の誕生

小学校6年 理科 B生命・地球(3)生物と環境

中学校 理科(第2分野)(3)動物の生活と生物の変遷

中学校 理科(第2分野)(7)自然と人間

小・中学校 総合的な学習の時間

 

詳細はPDFをダウンロードしてご覧ください。

この教材を使う指導者の方へ

指導のポイント

  • 最初からカードを見せ合い、同じ動物が描かれているカードを見つけて食物連鎖のグループを探していくと、低学年のグループでも行えます。
  • 高学年のグループで行う場合は、カードに描かれている絵は人に見せず、言葉で探している動物の説明をして行いましょう。
  • あらかじめ、食物連鎖カードのなかには餌となる生物が描かれていないものがある(植物のカード)ことを伝えておきます。

使用する教材

クマの食物連鎖カード※各カードの大きなデータは【関連教材】からダウンロードできます。

クマの食物連鎖カード※各カードの大きなデータは【関連教材】からダウンロードできます。

シャチの食物連鎖カード 

シャチの食物連鎖カード 

トドの食物連鎖カード 

トドの食物連鎖カード 

解説カード

解説カード

事前の準備

事前の準備

  • 下段の「関連資料」からダウンロードした食物連鎖カード(参加者の人数分)
  • 各カードはA5版で出力してください。
  • 食物連鎖の枚数と参加者の数が合わない場合は、同じカードを複数使います。
  • 上記「使用する教材」よりダウンロードした解説用カード

実施のしかた

1.人・ウシ・草のカードを使って、カードの見方の説明をします。

1.人・ウシ・草のカードを使って、カードの見方の説明をします。

2.食物連鎖カードを一人1枚配布します、描かれた絵をヒントに、自分が持っているカードの生きものの餌を見つけて「食物連鎖のグループ」ごとに集まります。

2.食物連鎖カードを一人1枚配布します、描かれた絵をヒントに、自分が持っているカードの生きものの餌を見つけて「食物連鎖のグループ」ごとに集まります。

3.グループごとに、高次捕食者から食物連鎖の順番に並んでみます。全グループが並んだら、「誰が誰を食べるか」を発表します。

3.グループごとに、高次捕食者から食物連鎖の順番に並んでみます。全グループが並んだら、「誰が誰を食べるか」を発表します。

4.海の植物も陸上と同じように太陽の光で育つこと、人間は海の生物ではないが海の生きものを食べて生きていることを伝えます。

4.海の植物も陸上と同じように太陽の光で育つこと、人間は海の生物ではないが海の生きものを食べて生きていることを伝えます。

アクティビティ開発:古瀬浩史(帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科教授)

イラスト:友永たろ

ファクトシート監修:風呂田利夫(東邦大学名誉教授)

他の教材へのリンク